【就活生必見】将来のために、法学部の学生にオススメの資格9選

アベノミクスで新卒の内定率は急上昇していますが、法学部や経済学部といったいわゆる「文系学部」では、やはり将来のために「資格」を取る事に越したことはありません。

さて法学部の学生にはどのような資格がオススメなのか。法学部出身の学生にとって将来活かせる資格を9つ紹介していきます。

司法試験

まずは、法学部と切っては切り離せない国家資格、「司法試験」。

司法試験に合格することで、「弁護士」、「検察官」、「裁判官」のいずれかの職に就くことができます。いずれも年収、社会的地位ともに高く、エリートな人生を切り開ける法学部の学生にはオススメの資格。

ただし司法試験の難易度は、国家資格として国内最高レベル。簡単に突破できるレベルではなく、多くの方は何度も挑戦することになります。「司法試験浪人」という言葉もありますしね。なお司法試験を受験するには、法科大学院課程を修了、もしくは司法試験予備試験に合格の2ルートがあります。

法学部生が予備試験合格から弁護士を目指すには? / 出題内容から勉強法まで

2018.07.05

司法書士

この国家資格をとることで、「司法書士」の職につくことができます。登記などの法手続きを行える専門職であり、最近は規制緩和により、弁護士や検察官に近い仕事も行えるようになっています。こちらも比較的年収は高く、安定した人生が期待できますので、法学部の学生にはオススメの資格。

ただし司法書士も、法律関連では司法書士に次ぐ難易度をほこる資格。こちらも合格するには努力や時間を要します。

法曹になるために避けて通れない司法試験に合格するために / 出題内容から勉強法まで

2018.07.05

法学部生に有利な司法書士試験とは? / 出題内容から勉強法まで

2018.07.05

税理士

「税理士」は、税関係のスペシャリストである、「税理士」になるために必要な国家資格。一見、税理士は経済学部系の資格に思えますが、「税法」等を扱うため法学部系の資格とも言えます。AI化が危惧されているものの、税理士業務は独占業務となっているため、今現在は年収も高いオススメの資格です。

税理士も司法試験に次ぐ難易度の国家資格とされています。ただし税理士試験は科目毎に分けて受験できますので、計画を立てて進めていけば、難易度はやや緩和します。

弁理士

「弁理士」は、知的財産権のスペシャリストとなる「弁理士」になるために必要な国家資格。
特許権・商標権などの産業財産権の申請を行え、こちらも独占業務となるため、将来の安定が期待できます。弁理士も法律的な要素も強いため、法学部の学生でもオススメの資格。法学部出身で、少し特殊なキャリアを描きたい方には特にオススメです。

弁理士は隠れた高難易度資格。難易度は司法書士や税理士と同じ程度の難しさです。努力は必要になりますが、合格すればそれに見合ったキャリアが描けます。

社会保険労務士

「社会保険労務士」は、労働・保険関連のスペシャリストである、「社会保険労務士(社労士)」になるために必要な国家資格。労働や社会保険に関わる手続きや相談、年金の相談などが行え、その業務は多岐にわたります。民間企業からも歓迎されますし、将来独立の道も描ける資格。法律関連の要素も強く、法学部で学んだことも活かせるオススメの資格です。

こちらも難易度は高めですが、司法書士、税理士ほどは高くはありません。

宅建士

「宅建」は住宅関連の国家資格。「宅建士」として活動することができます。不動産の売買や賃貸物件の手続きを行える資格であり、こちらも法律が絡むため、法学部の学生にもオススメ。宅建は不動産業界では大歓迎される花形資格であり、不動産業界への就職を考えている方には特にオススメです。

難易度は国家資格としては中間クラス。簡単とまではいきませんが、根気よく勉強すれば合格は十分狙える資格です。

不動産業界で活躍したい法学部生が注目する宅建士とは? / 出題内容から勉強法まで

2018.07.05

通関士

「通関士」は、貿易関連のスペシャリストである「通関士」になるために必要な国家資格。輸出・輸入に関わる書類作成や手続きを行える独占資格です。こちらも法律要素もあり、貿易会社や商社から好感されますので、その手の分野に就職したい法学部学生にはオススメです。

難易度は国家資格としては中間クラス。

行政書士

「行政書士」は、法律関連の「書類作成業務」、「許認可申請の代理」などを行える資格。司法書士と密接な関係がある資格で、司法書士業務の一部を行政書士でも行えるといった位置づけです。

難易度自体は、司法書士ほどは高くはなく、それでいて、法律事務所や民間企業への就職でも好感されやすいですので、法学部であれば意識したいオススメの資格です。行政書士を取得し、その後司法書士を目指すルートもあります。

行政書士をとるため法学部が知っておきたいこととは? / 出題内容から勉強法まで

2018.07.05

知的財産管理技能検定

「知的財産管理技能検定」は、コンテンツや商標などの「知的財産」を取り扱うスペシャリスト資格。民間資格ですので、この資格がないと知的財産を扱えないわけではありませんが、商品・サービスを開発・販売する“メーカー”では歓迎されます。こちらも法律が関わるため、法学部学生にはオススメ。

民間資格ですので難易度は低め。将来メーカーに就職を考えている学生は、取っておいて損はありません。