法学部生が持つべき六法4選

こんにちは!

大学生活が始まって一か月ちょっと経ちましたね!

もう六法は買いましたか?

法学部生なら必需品の六法、「授業で使い始めたけれど何を買えばいいのかわからない…」という人も多いはず!

そこで筆者が実際に手に取って厳選した「法学部生が持つべき六法」を4つ紹介します!

 

定番の「ポケット六法」

 

有斐閣が出している「ポケット六法」は定番中の定番!日常的にも目にする時が多いのではないでしょうか。

30年度版からデザインも一新し、スタイリッシュでかっこよくなりました。

民法大改訂に際して変わった条文が一目でわかりやすく、関連条文も一目でわかります。

また、重要条文は太字で記載されていて、細かい字でも条文を引きやすいデザインとなっています。

定番になるのも納得です。

 

もう一つの定番「デイリー六法」

 

三省堂がだしている「デイリー六法」も多くの書店で目にすることが多いはず。

こちらも民法の改正された条文が何かわかりやすく載っています。

そして何よりもチェック柄のデザインや色使いがとってもかわいいです!女の子にはうれしいですね!

また、法律の記載順がかなりまとまってたり、関連条文についても丁寧に記載されていてデザインと性能か兼ね備わっています。

 

法律の勉強をくわしくやるなら「判例六法」

 

法律をまなぶときに避けては通れないのが判例。

特に資格や公務員試験を目指す人はきちんと勉強をする必要がありますよね。

そんな時には「判例六法」がオススメ!

黒字で条文、青字で判例の要約が記載されていて、一目で条文を用いた判例が具体的に学べます。

また、有斐閣が出版しているため、ベースはポケット六法と同様!民法の改正された条文や重要条文もわかりやすいので日常使いもしやすいです。

 

お手軽がいいなら「法学六法」

 

「そんなに六法を使わないかも…」

「上の3つはかさばるし重い…」

という人にはこちらがオススメ!

ハンディサイズで重さも300g弱なのでカバンに入れてもかさばらず、持ち歩きもしやすいです。

小型ゆえに条文が抜粋で記載されているため、初学者向きではありますが、これ一冊で十分学習ができます。

持ち歩き用の2冊目として購入するのもありですね!

中にはこれ一冊で卒業まで十分だったという人も…!

 

おわりに

六法、とひとことに言っても様々な種類があります。

自分の授業の内容や勉強に合わせて、デザインや使いやすさを重視して、様々な選び方があるのがわかりましたね。

まだ六法を購入していない人も、買ってしまった人も、もう一度生協や書店に足を運んで自分に合った六法を見つけてみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。