就活は印象が大事!面接のマナーとは?

 

6月に入り、大学4年生の就活も佳境を迎えましたね!

また、大学3年生もサマーインターンシップの情報が解禁となり、いよいよ選考のための面接が始まります。

面接は社員の方と直に話せる大切な機会ですので、なるべく良い印象を与えたいですよね!

しかしながら、面接官はこれから同じ職場で働く人を選ぶわけですから、どんなに素晴らしい経歴や才能を持っていても、マナーが悪いとマイナスの印象になりかねません。

そこで、面接のマナーを1から確認して、他のライバルと差をつけましょう!!

 

面接会場についたときから選考は始まっている

 

建物に入るときから社会人としてのマナーは守りましょう。

コートを脱いで内側を表にしてたたむ、ジャケットを羽織ってボタンをしめる、ネクタイを締める、襟を整える。など、身だしなみを整えて、選考に挑む形を作りましょう。

また、面接での遅刻はありえません。

時間の10~15分前には着くようにしましょう。

 

さらに、控え室でのマナーにも気を付けなければいけません。

控え室でほかの学生とおしゃべりをしたり、スマートフォンをいじったり、挙動不審な行動をしたりすると、だらしなさや不安感を相手に与えてしまいます。

控え室では、提出したエントリーシートを読み返して面接のシュミレーションをしたり、配布された資料を読むなどして、面接への気持ちを作りましょう。

 

面接会場への入りかたはとっても大切!

 

面接官は面接会場に入ってきたときにその人の雰囲気をなんとなくつかむそうです。

まずはドアをノックするするときから!

就職活動ではノックの回数は3回が一般的です。

2回はトイレの空きを確認する、という意味があります。そのため、2回ノックをするのは避けたほうがよいでしょう。

中から「どうぞ」と聞こえたら、静かにドアを開けて中に入ります。開けたときに、「失礼します」と元気に返事をし、お辞儀をしましょう。

ドアを閉めるときは、完全に面接官に背を向けないように気を付けながらドアを閉めます。このときも、ドアを閉める音が大きくならないように丁寧を意識するとよいです。

中まで入ったら、「○○大学の△△です。よろしくお願いいたします。」とあいさつします。

面接官から促されたら「はい」「失礼します」などと一言添えてから椅子に座ります。

座るときには、背もたれにもたれかからない程度に浅めに座り、背筋を伸ばした姿勢を意識しましょう。

 

やっと面接スタートです!

 

面接中に気を付けることは?

 

面接で一番大切なことは、あなたの魅力を伝えてその会社に入ってた働きたいことを示すこと!

そこで、面接で気を付けるポイントを4つ紹介します。

以下のことを意識して面接に挑めば、より良い印象を残すことができますよ。

 

明るい顔とはきはきした声で話す!

明るく元気なひとは、接していて気持ちがいいですよね。

緊張や不安を打ち消すためにも笑顔を意識すると、やわらぎます。

また、声はすこし大きめを意識するといいでしょう。ぼそぼそと話すと頼りない印象を与えてしまいます。

 

相手の目を見て話す。

アイコンタクトを取りながら発言をすると、積極的に伝えようとする意思が伝わりますよね。

面接官が複数人いるときには、それぞれの人に目を合わせて全員に伝えようとしている姿勢を見せましょう。

目を合わせるのが少し恥ずかしい…という人は、鼻の頭や額を見ると良いです。

 

返事や相槌ちはしっかりする。

相手の話をきちんときいていますよ、という意思表示になります。どちらも「はい」がよいでしょう。

「うん」などは失礼にあたるので、気を引き締めて友達といるときの素が出ないようにしましょう。

 

ゆっくり、はっきり話す。

面接時は緊張して早口になったり、おろおろしてしまったりしがちです。

普段よりもゆっくり話すことを意識すると、自分の回答を確認しながら堂々と話すことができます。

「何話したか全然覚えてないよ…」なんてことをなくすことができます。

 

すべて当たり前のことですが、面接時には忘れがちなもの。

頭の中で思い出してから面接に挑むといいかもしれませんね!!

 

退出時も気を抜かずに!!

 

面接が終了し、会場から退場するときも気を抜かずに退出しましょう!

 

面接が終わったときには「ありがとうございました。」ときちんと挨拶をし、

部屋から出る前にお辞儀をしながら「失礼します」と一言添えてから退出します。

入室時同様、ドアの音にも気を付けてくださいね!

 

また、「建物から出るまでが面接」だと思って、友達とおしゃべりする、スマホをいじる、などは控えたほうがよいです。

 

面接は自分らしさをアピールするチャンス!

 

エントリーシートの情報だけでは字数の制限などで自分の魅力を十分に伝えることはできませんよね。

 

面接は直接その企業の人と会って話せるチャンスでもありますから、自分を一番アピールすることができます。

そのためにも、マナーに気を付けることでワンランク上の就活をしちゃいましょう!!!