ライブチケットを売る時に身分証明書の貸出が必要と言われたら?

最近、ライブチケットをコンサート会場入場のときに、ネットでライブチケット購入の際に登録した個人情報とライブチケットを持っている本人が同一人物であるかどうかの確認のために身分証明書を確認することも多いようです。

最近の学生証は、さまざまな個人情報が登録されたICチップが埋め込まれていたり、顔写真がるのは当たり前ですから、学生の場合は、学生証が十分身分証明書として利用できます。

その他、学生の特権としての学割等の利用のため、さまざまな場所で学生等の身分証の提示を求められることがあります。

そんな時、うっかり身分証を忘れてしまったら、あなたはどうしますか?

免許証や保険証の身分証を貸すことはないとしても、友達に頼まれたら、「学生証くらいなら」といった軽い感覚で学生証を借りたり貸したりした経験があるのでは?

あるいは、ライブチケットを購入したものの、ライブに行けなくなったときに、ライブチケットを大学の友人に譲ったとき、友人の会場への入場チェックのことを考えて、健康保険証は身分証明書の威力を知っている人が多いので、学生証なら、と学生証を貸したことがある人はいませんか?

学生証とはいえ、健康保険証と同じ身分証明書です。

この記事では、身分証の役割と、他人の身分証を貸し借りによって生じる可能性があるリスクについて解説していきます。

1、身分証明書の役割とは?

(1)身分証明書とはどういうものがある?

身分証とよく耳にするかもしれませんが、正しくは「身分証明書」といいます。

官公庁や学校・会社・団体が発行する顔写真付きの身分を証明するものをいいます。

「身分証」という言葉が、身分差別を連想するご年配の方々もいるので、サービス業では、「運転免許証等、個人の確定ができる何か」とかいう場合も多いですね。

でも、「運転免許証等、個人の確定ができる何か」は長いので、この記事では「身分証明書」といいます。

身分証明書には、官公庁が発行するマイナンバーカード、パスポート、障害者手帳、運転免許証、自治体が発行する住民基本台帳カード(住基カード)があります。

そして、民間が発行した身分証明書には、会社や団体に所属している事を証明するものと、資格所持者である事を証明するものがあります。

会社や所属団体が発行する身分証明書は、会社や団体に雇用、あるは所属している事を証明するに過ぎないので、公的身分証明書としては不十分です。

そもそも顔写真があっても、個人の住民票記載の現住所、生年月日が書かれていない場合、公的身分証明書としては不十分なのです。

公的な身分証明書は、何かあったときに個人を特定することができる必要があります。

(2)身分証明書は何のために提示するの?

例えば、コンサートで身分証明書の提示を求められるのは、「私は怪しい者ではありません」という宣言とともに、何かあったときに、身分証明書から個人の特定ができるものでなければなりません。

法律では、ダフ屋等の高額転売目的でライブ・コンサートチケットを買い占める行為は違法となっています。

しかし、ライブ・コンサートチケットを自分で行くつもりで購入しても、急用で行けなくなった場合は、チケットを無駄にするのも勿体ないので、誰かに売りたいですよね。

主催者側が一切のテバイを禁じている場合以外は、ネット販売や格安チケット等のショップに販売したり、オークションに出したりしても違法ではありません。

ただし、最近はこのようなやむを得ない転売の場合も、高額になる可能性があるので、それを嫌う主催者もいて、一切の転売を禁じて購入者と当日チケットを持って現れた人物の確認をする事もあるのです。

もちろん、最近多発している過剰なファン感情による事件を防いだりする目的もあります。

国の要人が出席する公的な催し物の場合は、最近世界で多発している国際テロ防止のための対応処置でもあります。

ただし、官公庁が発行した、公的身分証明書の中には、まだまだ一般的に知られていないものも多いのです。

(3)公的身分証明書でも身分証明書として認められないこともある?

また、運転免許証のような誰もが知っている身分証明書でも、記載されている住所が違っていたら、公的な身分証明書にはなりません。

運転免許証の場合は、引っ越し等で運転免許証に記載されている住所と現住所が異なる場合は、警察署交通課職員が記載し、警察署の印が押されている「運転免許証の裏書き」に住民票にある現住所が書かれていれば良いことになっています。

さまざまな公的免許証の場合、住所記入欄があって、それが現住所であれば問題ありません。

しかし、このようにいくら法で定められていても、係員が認識していない場合は身分証明書のこうかを発揮しません。

以前、「某歌手のコンサート会場で、身体障害者手帳が身分証として認められず、その障害者手帳を持った人がコンサート会場には入れなかった」という事件がネットを騒がせたことがあります。

ちなみに、この某歌手のコンサート会場の身分証として「身体障害者手帳」は、販売の際のHPに、コンサート会場に持参する物として、「用意すべき身分証」の中に記載されていたのです。

この場合、警備のスタッフの教育が徹底していなかったわけです。

そのため、一般的に認知度が低い身分証を使用する場合は、認められる身分証の書かれたコンサートのチケット販売HPの画面保存や、チケットと同封された書類(「持参する身分証明書の例等が書かれた案内書」等)を証拠として持参し、スタッフの無知によって身分証明書を拒否されても、証拠を見せて交渉できるよう準備が必要です。

スタッフが、会場運営者に確認すれば、すんなり通して貰えてコンサートを楽しめるのですから。

本当なら、公的に認められた身分証明書なのですから、自己防衛せずとも、身体障害者手帳等の身分証明書は、周知されているべき物なのに、残念な事です。

それでも、後からいくらお詫びされても、その時コンサート会場には入れない等の損をしては、身も蓋もありません。

そのため、パスポート・運転免許証・マイナンバーカード・健康保険証以外の、一般的に知られていない可能性のある身分証明書を使用する場合、コンサート会場等、一定のイベント会場で、身分証明書として認めてくれる書類を確認することをお勧めします。

トラブルに巻き込まれなくてすみます。

2、公的な身分証明証の種類

2000年以降、国際テロ組織や犯罪行為防止の必要性に迫られ、さまざまな場所の入場・通過、受け取りに身分証が求められるシーンが増加しました。

顔写真付きであることが重要視されるようになったのも2000年以降です。

一般的に知られていない身分証明書も世の中にはたくさんあります。

そこで、法で認められている身分証明書の紹介をしていきましょう。

「犯罪による収益の移転防止に関する法律」よる公的証明書として認められているものの中には、2点以上必要なものもありますので、郵便局の公式サイトの「本人確認書類としてご利用可能なもの」も参照してまとめて見ました。

(1)いずれか1点(氏名・生年月日・現住所、顔写真がそろっているもの)

①      旅券(パスポート)

②      在留カード

③      特別永住者証明書

④      外国人登録証明書(在留の資格が特別永住者のものに限ります。)

⑤      免許証等

・   運転免許証

・   船員手帳

・   海技免状

・   小型船舶操縦免許証

・   猟銃・空気銃所持許可証

・   戦傷病者手帳

・   宅地建物取引士証(宅地建物取引士証とみなされる宅地建物取引主任者証を含みます。)

・   電気工事士免状

・   無線従事者免許証

・   認定電気工事従事者認定証

・   特種電気工事資格者認定証

・   耐空検査員の証

・   航空従事者技能証明書

・   運航管理者技能検定合格証明書

・   動力車操縦者運転免許証

・   教習資格認定証

・   警備業法第23条第4項に規定する合格証明書

・   警備員等の検定等に関する規則附則第3条の規定による廃止前の警備員等の検定に関する規則第8条に規定する合格証

⑥      個人人番号(マイナンバー)カード(個人番号カードとみなされる写真付き住民基本台帳カードを含みます。)

⑦      官公庁や特殊法人等が発行した身分証明書で写真付のもの

・   療育手帳

・   障害者手帳等

・   住民基本台帳カード(住基カード)

(2)金融機関や郵便局等の手続きで特定の個人である事を証明するための書類として2点必要なもの

①      健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証

②      共済組合員証

③      国民年金手帳

④      年金手帳

⑤      国民年金、厚生年金保険または船員保険に係る年金証書

⑥      共済年金または恩給等の証書

⑦      運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります。)(※)

⑧      学生証、会社の身分証明書または公の機関が発行した資格証明書で写真付のもの(療育手帳、身体障害者手帳等)(※)

※注意:⑦及び⑧を各1点提示すること、又は⑧を2点提示することはできません。

3、他人に身分証明証を貸出すとどうなる?

例えば、Aさんが写真添付のない健康保険被保険者証をBさんに貸出した場合、Bさんがその健康保険被保険者証を使って病院で医療にかかった場合、詐欺行為が行われたことになります。

また、その身分証で本人確認を行い、さまざまな公文書や私文書に、BさんがAさんの名前でサインした場合、有印公文書・私文書偽造罪となります。

また、最悪の場合、Aさんが全ての責任を負わされてしまうこともあります。

もっとも危険なリスクは、病院でBさんが余命わずかの癌だと診断されて、Bさんが亡くなってしまった場合、Aさんの名前で死亡診断書が医師によって書かれ、BさんはAさんの名前で埋葬されてしまいます。

「保険証がないから病院に行かれない」というBさんを可哀想に思ったAさんの思いやりは、自分を殺してしまうことになってしまうのです。

また、Aさんの身分証を持ったBさんが事故に遭って死亡した場合、Aさんが死亡したと報道されてしまいます。

また、Bさんが健康保険証を使って、盗品を古物商に売りつけた場合、Aさんが窃盗犯になります。

身分証を貸出すということは、貸出した相手が行った詐欺行為を、自分が行ったこととなるのです。

4、他人の身分証明書を借りるとどうなる?

例えば、○○大学医学部の学生証を借りて、友人に成りすまして合コンに出席するとしたらどうでしょう。

雰囲気が似た友人どおしなので、「医学部学生とお知り合いになりたい女性との合コン参加のために、というちょっとした見栄に友人が協力してくれた」ということもあるかもしれません。

このように、提示するだけなら、さして刑罰に触れるようなことはないでしょう。

でも、身分を偽ること自体が、経歴詐称にはなり、女性達を騙している事になります。

あなたを本気で好きになった女性がいたら、彼女を傷つけることになるかもしれません。

結果的に、せっかくできた彼女との関係が壊れてしまう可能性が大きいでしょう。

噓の上に成り立った幸福は、噓に噓を重ねなければならなくなり、自分の首を絞めるようなものです。

一方、借りた身分証を使ってどこかに入館したり、学割を使ったり、署名して何かをした場合は、微罪ですが、詐欺罪や有印私文書偽造(行使)罪、あるいは有印公文書偽造(行使)罪が成立してしまう可能性もあります。

学生証の例で解説しましたが、これが古物商で物を売ったり、質屋でお金を借りたり、個人を特定する身分証を提示して、さまざまな身分証の提示法で義務づけられている商業行為を行うと、詐欺になり、厳重注意ではすまなくなる可能性もあります。

刑罰に問われるまでもなくとも、他人の身分証を使う事自体が、他人に成りすます行為として、道徳的に騙す行為になることを自覚しましょう。

そして、その金銭的被害が大きかったり、事件を引き起こしたりした場合は、厳重注意に済まず、逮捕や起訴されて刑罰に及ぶことになります。

身分証を借りた相手にも迷惑がかかります。

身分証の貸し借りで、何か被害が生じた場合は、就職の内定が取り消されたり、その他社会的な制裁だけでなく、刑罰に触れて一生を棒に振るような前科者になってしまう可能性も十分にあり得ることを自覚しましょう。

5、身分証明書が悪用される事例4選

(1)身分証明書に関する事件例

①乃木坂46の単独ライブの身分証偽造で逮捕されたのは教師
2017年5月9~14日に、渋谷の「AiiAシアター」で開催されていた乃木坂46の単独ライブで、身分証を偽造して逮捕されたのは現役中学教師でした。

このライブは、転売チケット防止のために、購入者の個人データと入場者が同一人物であるかどうかを確認していました。

しかも、会場には下記写真のように、こんなに大きく転売チケットの入場禁止と、偽造された身分証の提示は違法である事の【お知らせ】書きもありました。

引用:乃木坂の身分証偽装の犯人は教師だった!名前や画像と学校を調査!(2017.05.16)|ブローダル.com

逮捕された教師が購入したチケットは、正規価格の4倍の18,400円(正規価格4,600円)の転売チケットです。

しかも、身分証を偽造して転売チケットである事を隠そうとしていたそうです。

この教師の身分証によって、東京港区の中学生教師だとあっけなく判明しました。

中学生を指導する立場の教師が、「偽造有印私文書行使」の疑いで逮捕されました。

②  知らない間に口座の開設をされたかも?
知人から聞いた話です。

保険証を紛失したらしく、数日後、身に覚えのない本人限定受け取りの金融機関のカードが宅配業者から送られて来ました。

そもそも金融機関のカードは、宅配業者ではなく、書留で送られてくるのが通常です。

そこで、カードが発行された金融機関と警察に電話したそうです。

警察によると、このような場合、複数のカードや携帯電話を保険証の名義で作っている可能性があります。

これらが悪用された場合、振込詐欺グループ等の犯罪に関わっている疑いをかけられることも考えられますし、クレジットカードを新たに作られて、買い物やキャッシングに利用されたら大変です。

さまざまな可能性を考えて、被害を被らないためにも、もしもこのような被害に巻き込まれたら、金融機関の信用情報の「本人申告制度」を利用することを知っておきましょう。

あなたの健康保険証を使ってのクレジット等の作成や使用ができなくなります。

とにかく、健康保険証を紛失したことに気付いたら、警察に届けて、健康保険証を発行した市区町村や協会けんぽ、組合健保等に相談して、新たな健康保険証再発行してもらう必要があります。

警察や関係機関に届け出る事で、健康保険証の悪用防止にもなります。

運転免許証紛失でも同じ事が起きる可能性があります。

運転免許証の場合は、警察に届けて、犯罪に関わるような悪用をされる可能性がある場合は、公安委員会で運転免許証の再発行を願い出て、信用情報の本人申告制度への連絡も必要となります。

ただし、差し迫った危険が無く、ただ「無くした」と警察に届け出ただけでは、落とし物届けを警察に提出して、出てくるのを待つよう指導されるだけの可能性が高いでしょう。

③  住民票を異動された話
テレビのサスペンスで見た話です。

健康保険証を紛失して、すぐに戻って来たから気にしなかったらしいのですが、いつの間にか住民票が異動されていて、振込詐欺の拠点の住居にされていた、という話です。

(2)免許証や学生証をなくしてしまった場合

免許証や学生証は、顔写真入なので、比較的悪用されない可能性が高いのですが、髪型や眼鏡等で雰囲気が似ている場合は、本人に成りすますために返送して悪用される可能性もあります。

詐欺集団の場合は、写真を別人に貼り替えて偽造免許証を造って悪用するケースもあるようです。

免許証は、免許証一つあれば個人認証機能が大きく、様々な事ができます。

最近では、ICチップにさまざまな個人情報を登録した免許証と同等の威力を持つ学生証もあるので、紛失には十分に気をつけましょう。

携帯電話の購入・金融機関の口座開設・私書箱開設等で、振り込め詐欺の備品に悪用されてしまう可能性もあります。

勝手に住民票が移転され、さまざまな悪質な詐欺行為に利用されてしまうこともあります。

クレジットカードを作られたり、ヤミ金に借金をされてしまうこともあります。

免許証を紛失してしまったら、まず警察に届けて、免許証を発行している公安委員会に連絡してもらって、金融機関の信用情報の「本人申告制度」を利用して、免許証の他人のなりすましの被害を防ぐこともできます。

(3)健康保険証をなくした場合

健康保険証は顔写真がないので悪用されやすいのです。

身に覚えのない賃貸契約や、借金、知らない間に別人に運転免許証を勝手に造られ、レンタカーを借りて、犯罪行為に利用されたりする事もあります。

宅配便の受け取り場所を変更して、他人に宅配便を盗まれてしまう可能性もあります。

病院で使われたら、あなたの病歴になってしまいます。

保険証は、行政関係の身分証に使えますので、あらゆるところで、会員カードを作られたり、借金をしたり、古物商で窃盗関係の品の売買や取引、様々な事ができます。

健康保険証をなくした場合も、速やかに警察に届け出て、発行元の協会けんぽや組合けんぽに相談しましょう。

(4)資格証をなくした場合

公の身分証の効力のある資格証をなくした場合は、経歴詐称に利用されたり、詐欺行為に利用されることが多いでしょう。

また、写真はありますが、数年更新の資格証場合は、全て自己申告で、住民票の証明や免許証で確認するものではないものもありますので、写真をすり替えて、いつの間にか別人が入れ替わることも不可能ではありません。

あなたの名前で資格を行使されて、何か起った場合は、あなた自身の行為として、資格剥奪や免許停止等、あなたが処分を受け、被疑者として重要参考人として警察官に取り押さえられ、メディアに「逮捕」と報道されて、世間的には「犯人」のように報道されてしまうこともあります。

そうなったら、後から無実とわかって釈放されても、メディアの訂正報道は目立たず、世間的には犯人であるかのような印象のまま、大きな被害を受ける可能性もあります。

資格者証をなくしたと気付いたら、すぐに発行元の省庁や、資格者の情報窓口になっている各団体に相談して、速やかに対処するよう心がけましょう。

その場合は、警察に盗難届を出しておくことも重要です。

その資格が悪用されたときに、「あなたに関わりが無い」という証明にもなり、被害を最低限に抑えることができます。

6、小括

いかがだったでしょうか?

身分証明書のナンバーというものは、自分を認証するさまざまな情報が登録された大切なものです。

また、ICチップが埋め込まれた身分証明書には、あなた自信のさまざまな個人情報が登録され、様々なシーンで活用する便利な者もあります。

便利な分悪用されたら、その被害も大きくなります。

学生証や運転免許証、健康保険等、一般的に複数の身分証明書を普通にお財布に入レ手持ち歩く人も少なくありません。

あまりにも身近にあって、その重要性に気付いていない人も多いでしょう。

それでも、身分証明書の威力は、あなたが思う以上に大きいのです。

だから、気軽な貸し借りは、何かあったときに、人生に大きなダメージを与えることもある事を十分に自覚しましょう。

そして、身分証の貸し借りは絶対にしない用に気をつけることをお勧めします。

学生証も同じです。

最近の学生証は、ICチップが埋め込まれ、さまざまな個人情報が登録されています。

それを悪用されたら、あなたの経歴に傷がつくどころか、あなた自身に悪影響が及ぶリスクも高いので、貸し借りはもちろん、もしも紛失した場合は、すぐに警察・学生課に届けましょう。

例え友達の貸し借りでも、その友達が悪用することが絶対になくても、友達があなたの学生証をうっかり紛失してしまう可能性は否定できません。

その場合は、身分証明書を悪用された場合は、身分証明書を紛失したあなたの友人ではなく、あなた自身にどんな被害が及かわからないのです。

身分証明書は、あなた自身と同じように大切に扱うよう心がけることをお勧めします。

そして、主催者側が「やむを得ないときも転売禁止」を決めていないライブ・コンサートチケットを売るときは、信用できるサイトを選びましょう。

その信用できるサイト利用の場合の身分証明書の添付は、自己責任において行わなければならない事を認識して、十分サイトを吟味して利用するようにしましょう。

7、まとめ

運転免許証やパスポート、マイナンバーカード、健康保険証等の公的な身分証を始め、学生証や会員証・社員証、資格証等の身分証も、身分証は、あなたを認証する大切なものである。

その身分証を使って行われた行為全ての責任が、あなた自身にのし掛かるものだという重大さを認識しよう。

貸し借りはもちろん、紛失にも気をつける必要がある。

友人が悪用しないとしても、どんな悪意のないケースでも、身分証を他人が使うということは、経歴詐称・詐欺に当たる可能性もある事を認識しよう。

また、その友人が、あなたの身分証をうっかり紛失してしまう可能性も否定できない。

そのようなリスクを考えた場合、身分証の貸し借りはすべきではないという結論に至る。

ライブ・コンサートチケットの転売は、転売目的の売買の場合は、転売しても違法ではないが、異常にチケットの価格が高騰することを嫌がる主催者が、どのような場合も転売禁止となるケースもある。

やむを得ない事情で転売する場合は、購入したチケットの注意書きをよく読み、信用できるサイトで売買をするか、友人等と直接売買するようにしよう。

また、サイト利用の売買の場合は、身分証明書添付が義務づけられるケースもある。

その場合は、全て自己責任となるので、使用するサイトを十分に吟味するべきである。

身分証明書を悪用された場合の被害は、あなたが思っている以上に大きい物である可能性が高い。たとえ学生証でも身分証明書には違いないのだ。

ICチップが埋め込まれた学生証は個人情報の宝庫であり、非常に便利であらゆるシーンでの利用が可能だ。

しかし、便利な学生証ほど、悪用されたときは被害が大きいのである。