やる気が出ない要因って何? | 五月病の治し方

ゴールデンウィークも明け、夏の訪れを感じる5月。新学期にも慣れた頃でしょうか?

この時期大学生がかかりやすい病気と言えば、あれ。

そう、五月病です!

今回は大学生に猛威をふるう五月病の症状、治し方を見ていきましょう。

そもそも、五月病とは?

五月病とは、医学的な病名ではなく、五月、特にゴールデンウィーク明けに憂鬱になったり、学校に行きたくないなど憂鬱な気分になったり、なんとなく体がだるくなる症状のことを言います。

具体的に五月病ではどんな症状が現れるかというと、

・気分が優れない

・学校や会社に行きたくない

・頭痛がする

・朝起きられない

・寝つきが悪くなる

・食欲が落ちる

・動機やめまいがする

など、精神的なだるさだけでなく体調不良も含まれています。

正式な病気ではありませんが、五月病だなあという症状が長引いて抜け出せず、気づけばうつ病などに発展することもあるので要注意です。

これらの症状が長引いている際は心療内科や精神科を受診することも視野に入れてください。

五月病の原因

五月病の原因は、四月に受けたストレスが大きいとされています。四月、進学や進級など新しい環境に身を置き、生活の変化もあるでしょう。

四月のうちはワクワク感や春休みに温存した体力でなんとか乗り切れても、その裏で蓄積された疲れやストレスが五月にドッと出てしまうことがあるのです。

大学生活への支障

五月病の症状の中でも、特に大学生活への支障を来すものが以下に挙げられます。

・家から出られず大学に行けない

・朝やる気が起きない

・課題をする気が起きない

・原因不明の体調不良

などなど、これが続けば単位、ひいては進級が危ぶまれるものがたくさんあります。特に時間の自由が効く一人暮らしの人ならなおさらでしょう。

五月病の治し方

1 完璧を求めない

四月、大学生になった又は進級して気持ちを切り替え、今学期は全部授業出るぞ!課題も予習復習も完璧にこなすぞ!バイトもインターンも頑張るぞ!と、心に決めて頑張っていたあなた。

その頑張りすぎが五月病の原因かもしれません。

全部完璧にしようと思っているとできなかった時の精神的負担も大きくなります。

思いつめすぎず気持ちを切り替えることも大事です。

2 予定を詰めすぎない(自分の時間を持つ)

1とも関連していることですが、自分の落ち着ける時間を作りましょう。

ついついスケジュールが空いていると予定を詰めてしまうのが大学生です。

ですが、意識して予定のない予定を週に一度は取ることも大事です。

そしてその時間は自分の好きなことをしましょう。

皆さんは「セロトニン」というホルモンをご存知ですか?

五月病にも関係していると言われる幸せホルモンの一種です。

セロトニンがストレスなどで不足すると、心身に悪い影響を及ぼすと言われています。

実はこのセロトニンの分泌には、趣味など好きなことに没頭すること、また、ウォーキングなど有酸素運動をすることが効果的と言われているのです。

3 友達や親に相談する

一人で悩むことでまたさらに負の連鎖に陥ることがあります。

思い切って親しい友達や親に相談してみると、気持ちが軽くなったり、また、解決策が出るかもしれません。

4 規則正しい生活をする

特に一人暮らしの方、規則正しい生活できていますか?

バイトやサークル、人付き合いなどで大学生になり夜遅くに帰宅したり、生活リズムが崩れてはいませんか?

課題や予習に追われ、睡眠時間が短くなったり、良質な睡眠が取れなくなったりしていませんか?

睡眠不足はセロトニン不足の一因であり、また、体の免疫力の低下や頭痛・肩こりを引き起こすこともあるのです。

決まった時間に睡眠を充分取ることを心がけ、脳と体にしっかりと休息を与えましょう。

5 バナナを食べる

唐突に民間療法でてきたな、と思ったでしょう。違うんです。れっきとした科学的な根拠があるんです。

先ほどから何度も出てきている、五月病と密接に関わ流といわれる幸せホルモン、セロトニン。実は、バナナを食べることで、セロトニンが分泌されちゃうんです。

お手軽ですよね。

ちなみにバナナが嫌いなんだけど・・・という方、安心してください。

乳製品や大豆、ニンニクやレバー、鶏肉、芋類にもセロトニンを分泌させる物質が多く含まれています。

また、セロトニンの分泌は「よく噛むこと」でさらに促されると言われています。よく噛んでしっかり食べましょう。

 

いかがでしたか?

五月病をやっつけて、これからの梅雨のシーズンも乗り切りましょう。