学生でも借金?学生ローンを利用したい方に伝えたい9つの大切なこと

学生ローンという言葉をご存知でしょうか?

学生ローンとは学生でもお金を借りることができる金融業者のことを指し、お金のない大学生にとっては救世主のように映ることでしょう。

たしかに、大学生になると、一人暮らしをしたり、アルバイトを始めたり、と高校生のときよりもお金に関して考える時間は増えます。

さらに、デビットカードやクレジットカードを利用できるようになると、ついつい使い過ぎてしまって支払いが間に合わなくなったり、仕送りだけではお金が足りなくなってしまったりなど、どうしてもお金が必要になってしまうときが訪れます。

そうなると「学生ローンを利用しよう!」と考える方は多いのではないでしょうか。

たしかに審査が30分で終わるなど、びっくりするくらい簡単にお金を借りることができますが、簡単だからといってお金をどんどん借りてしまうと返済できなくなってしまうなど困ったことになってしまうかもしれません。

そこで今回は大学生が初めてお金を借りる時、「どのような点を注意しなければならないのか?」を詳しく解説していきます。

1、学生ローンってなに?

kalhh / Pixabay

そもそも学生ローンとはなんなのでしょうか。

学生ローンとは「収入の少ない学生でもお金を借りることができる」 消費者金融のことです。

通常の消費者金融(アコム、アイフル、モビットなど)であればある程度の収入がなければ審査に落ちてしまいお金を借りることができませんが、学生ローンではアルバイトのような少額の収入でもお金を借りることができます。

最近では、アコム、アイフル、モビットなどでも学生がお金を借りることができるようですが、郵送物が届いたりするなど、家族にバレてしまう要素があるのが現状です。

一方、学生ローンは学生にとって「親、友人にバレずに利用できる」というニーズを満たしてくれる場合もあるので、利用者は多いのではないでしょうか。

とはいえ、学生であっても、借りることができる条件が明確に定められています。

以下で詳しく見ていきましょう。

2、どんな人が借りれるの?

qimono / Pixabay

基本的には収入のある20歳以上の学生であればだれでも借りることができます。

では、なぜ20歳未満の未成年が借りれないのでしょうか。

それは、「法律行為は法定代理人の同意を得ていない場合法定代理人が取り消すことができる(民法5条2項)」からです。

何が言いたいのかというと、未成年者が親の同意を得ないでお金を借りる契約をしても、親がその契約を取り消すことができるのです。

取り消されてしまうリスクを考えると、あなたが消費者金融だったらお金を貸したいと思わないですよね?

なかには18歳以上から貸し出しをしてくれる学生ローン(アイシーローン、カレッヂなど)もありますが、親権者の同意を必ず必要としたりと一定の制約はあるでしょう。

また、全く収入のない学生は借りることができません。

これは当然といったら当然なのですが、収入を得ていない人間に返済能力は認められません。

貸金業法上では

収入の1/3を超えてを貸してはならない

と定められています。

収入が0の1/3は0ですから、どんなに懇願しても「借りれません」と返答されることは容易に予測はできると思います。

逆に言えばアルバイトなどで収入を得ている方は、借りることができると認識して差し支えはありません。このように借りる条件はかなりハードルが低いことが特徴です。

さて、ここまで借りる条件などを解説しました。

とはいえ、借金というのは往々にして「親、友人」にバレるのは避けたいものですよね。

この点は一体どのような実情なのでしょうか。バレるのか、バレないのかを以下で詳しく見ていきましょう。

3、親、友達にバレたら不安!

kellepics / Pixabay

借金に対してあまりいいイメージの無い日本では、学生ローンを借りているということを周りにバレたくない!という人も多いのでは無いでしょうか?

学生ローンでは、周りにローンを借りているということを知られたく無い!という気持ちはわかっているところも多く、20歳以上の学生であれば、連絡先として親の名前等を書いたとしても連絡が親までいくことはあまり無いでしょう。

 

20歳未満の場合には、借入時に親権者の同意が必要な場合が多く、借りる時点で親にバレてしまうという可能性もあります。

親権者の同意が必要な理由は、民法で未成年者契約の取り消しに関しての決まりがあり、20歳未満未婚者法定代理人が同意していないに関しては取り消すことができるため、親の同意なく未成年にお金を貸すことが難しいためです。

また、20歳以上でも、万が一返済日にお金を返せないなどの延滞などが起こってしまった場合には親にも連絡がいく場合もあるようです。

そのため、返済日を守って確実に返済をするようにしましょう。

さらに、親に絶対にバレたくない場合には、実際に借りる際に親に連絡がいくかどうかを確認することに加え、確認の連絡電話送付書類等の有無などについても確認しておくことで、親にバレるリスクを減らすことができます。

4、具体的な審査基準・利率

geralt / Pixabay

では、学生ローンではどのような審査基準で融資をおこなってくれるのか?またその際の条件や利率等はどうなっているのでしょうか?

 

まず、学生ローンの申し込みには、学生証保険証などの身分証明書が必要です。これらの証明書とともに、住所や大学名、連絡先等の必要情報を記載したものをインターネットや紙で提出し、これを元に、学生ローン業者が審査を行います。

最近では、対面申し込みでの融資に加え、インターネットや電話申し込みでの融資も受けることが可能です。対面であれば、即日現金で、インターネットや電話であれば、当日か翌日までに銀行振込が行われることが多いです。

 

審査基準としては、

1、学生であること

2、安定した収入した収入があること

3、学生ローンの使用用途

などが挙げられます。

学生であれば、1に関しては満たしていることと思いますので、2について解説していきます。

 

2の安定した収入とは、アルバイトなどによって月々数万円稼いでいるなどといったことで、この安定した収入がない場合には、お金を借りることが難しいため、もしアルバイトなどをしていない場合には、アルバイトを始めてから申し込むようにしましょう。

また、アルバイトなどで安定した収入がある場合でも、賃貸業法の総量規制により、年収の3分の1以下までしかお金を借りることが出来ません。

 

3の使用用途に関しては、ギャンブル等の博打などの不適切な用途でなく、旅行や引っ越し費用など、貸してが適切であると思えるような用途であれば問題ないでしょう。

 

5、代表的な学生ローン5選

kschneider2991 / Pixabay

アイシーローン

金利18%から20%で初回30日間無利息キャンペーンがあります。限度額50万円、未成年バイトなしでも借り入れ可能です。

イー・キャンパス

金利14.4%から16.8%程度。高田馬場店来店契約で1000円部のマックカードがもらえ友達一人を紹介することに紹介料2000円から5000円がもらえます。
勤務先を書く必要がないので一時的にアルバイトをしていない場合でも審査に通る可能性があります。

アミーゴ

金利14.4%から16.8%程度。友達を一人紹介するごとに2000円から5000円の紹介料がもらえます。 勤務先を書く必要はないので一時的にアルバイトしていない場合でも審査に通る可能性があります。

カレッジ

金利15%から17%程度。友達を紹介することで金利が引き下げられるキャンペーンが行われています。未成年者でも借りることができますがアルバイトをしていなければ審査に起きてしまう可能性が高いです。

マルイ

金利12%から17%程度。友達を一人紹介するごとに金利が1,2%引き下げられるキャンペーンを行なっています。成人かつアルバイトをしていなければ審査には通りづらいです。

6、延滞したらどうなる

Monoar / Pixabay

お金を借りたはいいが、「引き落とし口座にお金が入っていなかった!」「お金を振り込み損ねた!」などの理由によって、返済日にお金が返せなかった場合にはどうなるのでしょうか?

 

その前に、返済が遅れることがわかった時点で、学生ローン会社に連絡するようにしましょう。

会社によっては、数日待ってくれるということもあります。

 

また、延滞してしまった場合には、延滞利息が発生します。延滞利息としては、通常金利よりも高い法定金利の20%が適用されることが多く、月利にして1.66%程度の支払いが必要となります。

仮に、年利15%(月利1.25%)で月々10,000円+利子を返済するということで借りていて延滞が発生場合、プラス5%分(月利0.41%)が請求されます。

つまり、通常の返済は10,125円であるのに対して延滞した場合は10,166円の支払いが必要になります。

 

また、延滞して気になることとしては、ブラックリストに載るかどうかです。

一般的に、61日以上または3ヶ月以上延滞した場合には、ブラックリストに載ってしまう可能性があります。ブラックリストに載ってしまうと、社会人になっても車をローンで購入出来ないなど、ローンの借り入れやクレジットカードが作れないなどといったことになる可能性があります。

社会人になっても困ることの無いようにしっかり返済しましょう。

 

さらに、延滞してしまった場合、親に連絡がいく場合があります。

もし、連絡いってしまった場合には、事情を説明して代わり支払ってもらい、後々返済するなど相談し早めに返済をしてしまうというのも1つの手です。

 

7、借金しなくてもお金を調達する方法はある!

Free-Photos / Pixabay

ここまで、学生ローンでお金をかりた場合の話でしたが、学生ローンから借金せずともお金を調達することを考えるということもありでは無いでしょうか?

まず、自分でお金を稼ぐということが挙げられます。

すぐにお金が必要な場合には、派遣のバイトなどに申し込み働ける日にはバイトするなどしてお金を稼ぐことも出来ます。翌日や週ごとの支払いもある派遣業者もあるようなので、一度チェックしてみるといいでしょう。

また、まとまって働くことが難しいという場合には、仕事単位で請負い期限までに納品するといったような形をとるため時間が空いている際に働けるクラウドソーシングサイトを利用したり、空いている時間にお店からお客さんの注文場所まで料理を届けるウーバーイーツ配達員などとして働いてもいいでしょう。

次に、親からお金を借りる・親に支払ってもらうということが挙げられます。

もちろん、ギャンブルなどに使うお金を貸してくれる親は少ないでしょう。しかし、旅行や飲み会代、引っ越し代など必要なお金であれば、親に相談することで貸してもらったり、代わりに支払ってもらったりすることもできると考えられます。

学生ローンでお金を借りる前に、一度親に相談してみては?

8、学生ローン利用は最終手段

Alexas_Fotos / Pixabay

学生ローンは、学生にとって比較的お金を手に入れやすい存在ではありますが、金利は年間15%〜18%などと高めに設定されています。

また、延滞してしまった場合には、延滞金の支払いやブラックリストに載る可能性なども出てきます。

そのため、学生ローンを使うという事は、本当にここでお金が必要だ!という時のみに絞るようにしましょう。

使用する場合にも金利ゼロのサービスを利用したり返済日をきっちりと守るようにしましょう。

9、もし借りるなら計画をしなければ破滅!

TeroVesalainen / Pixabay

借りる場合には、しっかりと返済をするために返済のための計画をきっちりと立てておくようにしましょう。

月々どれくらいの収入があり、返済にあてるお金を残すために収支を把握することは有効です。

そのために、家計簿をつけるなどして管理してもいいでしょう。

最近ではレシートの写真を取るだけで家計簿をつけてくれるといった、優秀な家計簿アプリもたくさん登場していますので、自分に合ったものを探して使ってみましょう。

7、小括

PIRO4D / Pixabay

いかがでしたでしょうか。

学生ローンは簡単にお金を借りることができる反面金利が高く、返済をすることができなければブラックリストにのってしまい今後クレジットカード等の利用ができなくなってしまう可能性もあります。ブラックリストに載ってしまった場合には、大学生活及び卒業後の生活にも影響を与える可能性があります。

そのため他にお金を調達できる手段があるならばその手段が使えないかを検討するようにしましょう。

学生ローンを使用するよりは親にお金が必要なことを正直に話してしっかりと説得する方が色々なリスクを背負わずに済みます。

学生ローンを使用するのはあくまで最終手段と考えることをオススメします。

8、まとめ

・学生ローンとは収入の少ない学生にもお金を貸してくれる消費者金融のこと。

・学生でも安定した収入があればお金を借りることができる。

・20歳以上である場合学生ローンは返済が滞らない限り親にはバレにくいが、20歳未満である場合、親権者の同意が必要な場合が多く、借りる時点で親にバレてしまう可能性もある。。

・学生ローンからの借入時には収入や使用用途が審査される。

・年利は15から18%と一般的な借り入れよりも高めに設定されている。

・延滞してしまった場合には、延滞金を支払い必要があることに加え、61日以上または3ヶ月以上延滞した場合には、ブラックリストに載る可能性もある。