【就活生必見】法学部出身の学生が食品関係の企業に就職する方法

「弁護士や検事になりたくて、法学部に入学したけど、インターンシップや合同企業説明会で食品関係の企業のことを調べていたら、食品関係の企業に就職したくなった。」という方もいらっしゃると思います。

でも、食品関係のことは全然勉強していないし、何をどのようにアピールすれば、選考を突破することができるのか分からない。という方がほとんどだと思いますので、この記事では、法学部出身の学生が食品関係の企業に就職する方法をご紹介していきます。

食品関係の企業とは?―食品関係の企業の仕事内容―

食品関係の企業とは、その名の通り食べ物に関わる仕事のことです。

食品関係の企業に就職した際は、主に次の4つの職種に分かれてそれぞれの業務をこなしていくのでどの職種を希望しているのかをたずねられます。ですので、まずは食品関係の企業の仕事内容について簡単にご紹介していきます。

製造過程

農家や漁船市場から仕入れた食材を、安心して食べることができるように洗ったりカットする業務です。製造過程に求められるスキルは、丁寧で且つスピーデイーな仕事ですので、指先が器用な方や指示通りに動くことができる方に向いています。

食品の衛生検査

食中毒や大腸菌、異物混入といった問題は絶対に起きてはいけないことですので、製造過程で作られた食品が衛生的に問題がないかどうかを確認する業務が衛生検査です。

衛生検査ではどんなに小さな異物混入も見逃してはいけませんので観察力が必要になりますので、細かい作業が好きという方や、観察することが得意という方に向いている職種です。

梱包作業

店や自宅に運んでいる間に食品の鮮度が落ちたり傷がついたりしないように冷凍したり、箱詰めしたりします。梱包作業で求められるスキルは、製造過程と同じく、丁寧さとスピードと丁寧な仕事ですので、正確な仕事を速くすることができるという方に向いています。

食品開発

新しい食品を企画したり、プレゼンして、試食会を行ったりする業務です。この業務にはユニークな企画を考え出すことができるアイデア力と、お客様が何を求めているのかをリサーチして、分析することができる力が求められます。

ひとくちに、食品関係の業務といってもこのように企画から梱包作業までさまざまな業務があるので自分に合った職業を選びましょう。

法学部の学生が食品系の企業に就職する際に身につけておいた方が良いことや取得しておいた方が良い資格

ここからは、法学部の学生が食品系の企業に就職する際に身につけておいた方が良いことや取得しておいた方が良い資格について解説していきます。

食品系の企業に就職する上で身につけておくべきこと

清潔感念

食品を扱う上で最も大切であると言っても過言ではないのが清潔感念ですので、常に清潔とは何かを意識して、うがいや手洗いの正しい方法などを身につけておきましょう。

それだけでなく、食品とウイルスの関係性などについても学んでおくと良いでしょう。

企画力

新しいメニューや食品を開発する際に必要なのが企画力です。企画力を身につけるためには、サークル活動や学園祭といったイベントの中で実行委員の役割を担うことで身につけることができます。

食べ物に関する知識

どのような食べ物にどのような栄養素が含まれているのかをできるだけ把握しておくことで、新商品開発や営業職に就いた時に非常に役立ちます。

話術

食品の企業の中でも営業職を希望する場合は、お客様に食品の良さを伝えたり、説明することができるトーク力が必要です。

取得しておいた方が良い資格

①野菜ソムリエ

野菜ソムリエは、野菜のプロであることを証明する資格ですので、食品業界を受ける際に有利になります。

②管理栄養士

管理栄養士は、それぞれの食べ物に含まれている栄養に関する知識を身につけることができるだけでなく、栄養バランスについても学ぶことができるので取得しておくと良いでしょう

ご紹介したように、食品系の企業に就くためにはさまざまな知識とスキルが必要になりますので、食品業界を受けると決めたら早めに準備しておきましょう。

食品業界の選考対策

食品業界も基本的には他の企業と同じく志望動機や自己PR、その企業に入ったらどんなことをしたいかといったことを訊かれるのに加えて、「弊社の商品について知っていることをできるだけ教えて下さい。」というような質問や「消費者として、弊社の商品をどう思いますか?そのように思う理由も教えて下さい。」というような質問をされることもありますので、選考を受ける企業の商品は一通り食べておいて、特徴と感想を記録しておきましょう。それだけでなく、企業の歴史や企業理念も確認しておくことで、しっかりと質問に答えることができます。

まとめー法学部出身の学生が食品関係の企業に就職するにはー

法学部出身の学生が食品関係の企業に就職するさまざまな方法をご紹介しました。法学部の学生でも業界研究エントリーシートの作成、面接対策をしておけば採用される可能性はありますので挑戦してみて下さい。