【就活生必見】法学部はコンサルティング業界への就職に有利?

近年、非常に人気の高いコンサルティング業界。

法学部の皆さんもコンサルティング業界への就職を考えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、法学部生がコンサルティング業界を受ける上で知っておきたいことを紹介します。

法学部出身はコンサルティング業界への就職で優遇される?

法学部出身への就職優遇がある業界はある?

そもそも法学部出身者への就職優遇がある業界は存在するのでしょうか。

結論から言って、ほとんどの業界では法学部出身者だからといって就職が楽になるということはありません。

理系で特定の分野への専門知識がある場合、研究室経由で開発職に就職することができますが、法学部出身者にそのようなルートはありません。

業界、職種問わず基本的にすべて他の学部の人と公平に選考を受けることになります。

そのため、法学部出身ということによる就職に関する優遇は期待しないのがよいでしょう。

一方、企業の法務部を志望する場合には法学部出身者が優遇される可能性はあります。

法務部は法律の知識が直接行かせる部門であり、法律の素養がある人を採用したいと考えている企業が多いからです。

法学部出身がコンサルティング業界への就職で生かせるスキルとは?

コンサルティング業界で活躍する法学部出身者はいる?

コンサルティング業界で活躍する人物というとビジネスに精通した経済学部出身者か、とても頭の切れる理系出身者というイメージを持つことが多いでしょう。

しかし、実際にはコンサルティング業界で多くの法学部出身者が活躍しています。

コンサルティング業界は専門性の高い業界と考えられがちですが、常に違う業種のクライアントに接し、違う分野のサービスを提供することになります。

そのため、入社時には特定の分野の詳しい知識を持っている必要はありません。

コンサルティング業界で活躍するには基礎的な能力と、新しい事柄にキャッチアップする能力だけあれば問題ないのです。

法学部出身者の考え方がコンサルティング業界への就職に有利?

法学部出身だからといって有利になる業界があるわけではないということは前述のとおりです。

ですが、それにもかかわらずコンサルティング業界で活躍する法学部出身者は多いのも事実です。

では、法学部出身者にはコンサルティング業界で活躍できる素養があるのでしょうか。

実は、法学部で学ぶことにより、法律的な思考方法を身に着けることができます。例えば、法律で物事を判断するにあたって、「なんとなくこの条文を適用する」ということはあり得ません。

「この事実が○○に該当する」、「あの事実が○○に該当する」という細かな積み重ねを基に判断を下すのです。

そして、コンサルティング業界でも「なんとなく決断を下す」ということはあり得ません。

クライアントから高い料金を取って受けた仕事ですので、綿密なリサーチを基にして議論を重ね、結論を導くのです。

この点で、コンサルティング業界での仕事の仕方や基本的な考え方は法律の考え方に似ているといっても過言ではないでしょう。

これまで論理的な考え方を学んでこなかった学生に比べ、法学部で論理的な考え方を学んできた学生はコンサルティング業界への就職が有利だといえます。

法学部で模擬裁判やディスカッション経験を積んでいればコンサルティング業界への就職に有利?

大学やゼミにもよりますが、法学部では模擬裁判やディスカッションを行うことが多いです。

この経験はコンサルティング業界への就職に有利になります。

法律の世界において事実は一つですが、その事実をどう解釈していくかというのは無限の考え方があります。

自分たちに有利な論理展開を考えることを模擬裁判やディスカッションを通じて学べます。

自分たちに有利に論理展開を考えるにあたっては、論理の抜け漏れをチェックすることや相手の指摘を想定することが重要になります。

一方、コンサルティング業界において、正解が分かることはありません。

いくらリサーチを行い、ディスカッションを重ねても、アイデアを実践するまで仮説が本当に正しいと立証されることはありません。

完全な正解が分からない中で、クライアントを満足させられるアウトプットづくりに取り組むことになります。

この時に必要なのは、論理の抜け漏れをチェックすることや、クライアントからの指摘事項を想定することです。

クライアントを裁判の相手方に見立てて仕事をすることにより、よい成果をあげられるといえます。

法学部出身者がコンサルティング業界への就職でアピールすべきことは?

法学部出身者はコンサルティング業界への就職で何をアピールすべきなのでしょうか。

実は多くのコンサルティング会社は学生の「頑張ったこと」、「入社後やりたいこと」などの意欲部分以上に能力部分をチェックしています。

そのため、多くのコンサルティング会社は学生にケース面接やフェルミ推定問題を出し、学生の論理的思考能力をチェックするのです。

このことからわかるように、コンサルティング業界の就職対策としては特定の経験をアピールすることよりも面接対策に取り組み、頭の良さを示すことが重要です。

 

いかがでしたでしょうか?

今回の記事の内容を今後の就活に活かして頂ければと思います!